クリエイティブな仕事をもっと身近にしたくて

WEBや紙媒体(パンフレットや雑誌)などの制作の仕事は、ディレクターとプロジェクトマネージャーを起点にデザイナー、ライター、カメラマン等とチーム体制で取り掛かる事が多い。外には営業がいて、営業とディレクターが先に立ってプロジェクトを進行していく。

基本的にこんな構成で仕事をする事が多い。

しかし一人一人のクリエイターの気持ちを考えたらどうなのだろうか?

この構図だと、デザイナーはデザイン視点からしか仕事が出来ない。ライターは文章に特化する。カメラマンは写真を納品すれば良い。ディレクターが仕事を持って来てディレクションを行い、各クリエイターに要件だけ伝えて依頼をする流れになる。

それがやり易いと思うクリエイターは多数いると思う。
でも本当は制作物全体に対しての依頼を取りたいと思っている人も多くいるのでは無いだろうか?

しかし自分はデザイナー。デザインしか出来ない。私はカメラマン。撮影しか出来ない。
そんなクリエイター様に向けて我々は、当サービスを通して仕事の流れを変えようと考えている。

仮に、プログラミングが出来ないデザイナーがWEB制作の案件を取った場合、最も得意なデザイン部分を自分が担当すれば良い。他は当サイトのメンバーに仕事を渡す事が出来る。

カメラマンだって、フォトジェニックなWEB制作案件を取れるかもしれない。ライターはブログサイトの制作案件を取れるかも知れない。WEB制作だけでは無く、デザイナーが撮影の案件を取っても良いと思う。デザイナーのセンスと、カメラマンの撮影技術を合わせればより良いものが生まれる可能性がある。

このような場所が存在するだけで、個人が営業する時の幅が大きく広がるという事だ。

クリエイターの営業活動

これまでディレクターとして多くのクリエイターを見てきた私の感覚では、最も必要な人材は、制作物に必要な全ての知見がある人だと言う風習が確実にある。

極端な例だが、「デザイナー」の肩書きなら、WEB制作も原稿作成も運用、ディレクション、マーケティング、広告出稿も出来ないといけない。ただしそんなスキルアップは正直無茶。

結果、デザインスキルをベースに他の知識を浅く広く持つクリエイターが多く出来たのが現在。
しかし残念ながら、これではエンドユーザーとなるお客様が必要な人材とはならない。

お客様は妥協をしない。求めたもの全てがプロフェッショナルでないとお願いしたくないもの。

ただ安心して下さい。それら全てを自分で作業する必要は無い。

デザインスキルをベースにマーケティングを行えるならそれで良いと思う。他のWEB制作や運用、原稿作成、撮影は別の人間に任せて、自分はデザインとディレクションを行えば良い。

そうする事でお客様からしたら貴方に任せれば全て出来る事となる。

結果、自信を持って「全てやれます!」と言えるだろう。そして「あなたの事業拡大の役に立ちます。」と言えるようになるはずです。

すると自分の仕事は偏った”専門的“でなものでは無く、お客様に寄り添った”身近“なものになる筈だ。

この営業方法を実現させるには、プロフェッショナルな人材との関わりが勿論必要になる。
Catch+では、そんな関わりをサポートするサイトでありたいし、そんなサイト作りを目指しています。ご興味があればご連絡下さい。

この記事のライター

KEITO

WEBディレクター。 WEB制作を主に、マーケティング・デザイン・コンサルティングなどWEBに関する業務。特にディレクションが最も得意。

KEITO

営業,